糖尿病(インスリンの作用が低下する糖代謝異常)

 

 

受信する科

内科(内分泌代謝内科)糖尿病外来

 

症状と特徴

糖尿病の恐ろしいところは、病気の症状がかなり進行するまで実感がなかったり、特定の症状が現れないことが特徴です。
もし、病状が進行して症状が現れるようになると、以下の様な症状が確認できます。

 

  • 異常な食欲
  • 異常な喉の乾き
  • 頻尿(水分を多く摂るため)
  • 体の怠さ
  • 疲れやすい
  • 体重が極端に減少する
  • 皮膚がかゆくなる
  • できものができやすくなる
  • 傷が治りにくくなる

 

更に悪化すると以下の様な症状が確認できます。

  • 性欲減退
  • 視力低下
  • 手足のしびれ
  • こむら返り(足がつる)
  • 歯周炎の悪化
  • 足のむくみ

 

糖尿病の恐ろしさは上記のような糖尿病の症状によるものより、糖尿病の合併症によるものです。
これは、糖尿病にかかることで抵抗力がかなり低下することで感染症にかかりやすくなり、血管障害や神経障害が現れ、私達のからだ全体にその合併症が現れることです。

 

特に恐ろしい症状は以下のとおり(3大合併症)

  • 失明の危険性が高い糖尿病も膜症
  • 腎不全や尿毒症の危険性が高まる糖尿病性腎症
  • 壊疽を起こして指を切断する可能性が高まる糖尿病性神経障害

 

 

この恐ろしい3大合併症を起こした場合命にかかわる場合があります。そのため、早期発見、早期治療が大切と言われるのは最悪の事態を未然に防ぐためだからです。

 

糖尿病の原因

糖尿病は、体に取り入れた糖分をエネルギーに変換する糖代謝システムが正しく働かなくなり、血中の糖分が増えて高血糖になる状態をいいます。
糖分を私達のエネルギーに帰るとき、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

 

インスリンは食べ物から摂取したブドウ糖を細胞に取り込んで、エネルギーに変える作用をうながしています。
このインスリンの分泌が不足したり、働きが低下すると細胞はブドウ糖を取り込みにくくなるため、血中にブドウ糖が飽和する状態になります。
血中のブドウ糖(血糖)が常に高い状態で排尿をするとブドウ糖の一部は尿糖となって排泄されます。

 

 

糖尿病の分類

糖尿病には大きく分けて2つのタイプがあります。
一つはインスリンを生成する膵臓の細胞が破壊されることによって、インスリンが分泌されなくなる「1型糖尿病」です。
もう一つは食べ過ぎ、運動不足、肥満、ストレスなど乱れた生活習慣が引き金となり、インスリンの働きが低下し、高血糖状態が続く「2型糖尿病」です。
糖尿病患者の9割はこの「2型糖尿病」のタイプです。そのため、生活習慣を正しくすることで予防できる病気であるので、糖尿病にならないためには生活習慣を正すことから始めることが大切です。

 

 

予備知識

糖尿病の予防として血糖値をコントロール方法があります。具体的には糖質を含まない食事制限ですが、糖質を含む食事を摂取する際に血糖値を抑制できるサプリメントがあります。このサプリメントの成分はイヌリンというのですが、このイヌリンは天然の菊芋に多く含まれていることでも有名です。
糖が気になる食事の食前や食中に菊芋のサプリメントを摂取しておくことで血糖値を事前にコントロールすることができます。
注意したいことは、アルコール、酢、栄養ドリンクと一緒に菊芋サプリを摂取しても効果が減少します。また暴飲暴食をしてはこの菊芋サプリの効果は下がりますので、サプリだけに頼るのではなく、あくまでも自己管理のうえでサプリはサポートしてくれるものという考えで使用したほうが良いでしょう。
イヌリンを含む菊芋サプリの詳細は国産の菊芋サプリのおすすめサイトよりご確認いただけます。